久留米絣の通販、染織こだまS 普段着着物応援サイト!

最終更新日
17年11月21日
染織こだまSのメニュー一覧
> 買い物カゴを見る <
> お買い物について <
>   サイトマップ   <
長着/半着
木綿の着物
麻・綿麻の着物
ウールの着物
お仕立て
-
羽織/コート
木綿の羽織
ウールの羽織
モスリンの羽織
上っ張り
道中着
お仕立て
-
木綿・綿麻の帯
麻の帯
絹の帯
合繊の帯
兵児帯
角帯
お仕立て
-
襦袢
モスリン
モスリン襦袢
ポリエステル襦袢
絹襦袢
木綿襦袢
天然素材夏襦袢
高機能ポリ夏襦袢
お仕立て
-
お仕立て
-
足袋
小紋足袋
コールテン足袋
麻足袋
別珍足袋
黒足袋
白足袋
お仕立て
-
下駄/草履
おあつらえ草履
草履
爪皮
 
和装小物
半衿・繻子衿
着付け用品
着物の下着
帯揚
帯締
羽織紐
帯留・台
前掛け
割烹着
風呂敷
袋物
 
収納・メンテナンス
衣装包み
きものブラシ
天然クスノキ樟脳
洗濯ネット
 
その他
綿・真綿
新モス
おすそわけ
宮崎県産品
 
お仕立て
サイズ表
はかり方
木綿の水通し
ちくちくパック☆
 
Special
染織こだまS
染織こだまK
染織こだまM
 
染織こだま児玉健作がしゃべります
Yahoo!
Google
msn
  
RSS配信
http://someorikodamas.com/i
携帯サイト
染織こだまモバイル
 
> 買い物カゴを見る <
> お買い物について <
>   サイトマップ   <
染織こだまS木綿の着物 > 久留米絣一覧
HOME 掲示板 メールマガジン FAQ 会社概要/アクセス
特商法表記 新着情報 あいすべ・き・も・の リンク お問い合わせ
久留米絣
木綿の着物 久留米絣01 久留米絣02 久留米絣03 久留米絣04
久留米絣一覧 久留米絣05 久留米絣06 久留米絣07 手織り久留米絣
夏久留米01 夏久留米02 夏久留米03
久留米絣 無地等01 久留米絣 無地等02 久留米絣 無地等03 久留米絣 無地等04

ご案内状請求   Facebookイベント   宴会の部   出張展予定

ご案内状請求   Facebookイベント   宴会の部   出張展予定

染織こだまの久留米絣 一覧

薄手から厚手まで多様な気候に対応。パターンも豊富でオススメ。
木綿大好きな方に絣は外せません。

久留米も様々。洋服・雑貨のイメージだけでは
もったいない!素敵な着物になります。
布幅37cm〜  布長1250cm〜  19,440円(税込)〜
オススメ
→半着・長着・羽織
詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ
詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ
詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ
詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ      
詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ
11/21new!
詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ

暑い時期にお役立ち。肌との接触面積を
減らした涼しい織の久留米絣です!
布幅38cm  布長1215cm〜  21,600円(税込)〜
オススメ
→半着・長着
詳細ページ
詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ

久留米絣の中から手織りの
精緻さをお届けしました
布幅38cm  布長1200cm〜  90,510円(税込)〜
オススメ
→長着
詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ

久留米絣とは

西暦1800年、九州生まれの木綿着物

 「久留米絣」と聞いて、皆さんはどんな印象を持たれますか?

もんぺ?絣の洋服?

ここで「井上伝」の名前が出てくる方は結構お詳しいほうだと思います。
1800年に久留米絣を完成させた彼女は、明治の初めまで生き
伊予絣を生み出した鍵谷カナにそのインスピレーションを与えるなど、
近世から近代にかけ、木綿着物の一大センセーションを巻起こしています。

1800年、まだ少女の「でん」は12歳でした。

年間220万反売れた空前のヒット商品

 日本に大飢饉が起こり、また庶民に対しては衣服の統制が行われた時代を
背景に誕生した、その鮮やかな絣模様はやがて日本中に受入れられていきます。

その後幕末を向かえ歴史は転換していきますが、久留米絣がどれほどの隆盛
を見せたのでしょうか。
「銘仙」が空前のブームとなり、最盛期に年間130万反もの生産があったといいます。

その一方で、久留米絣の生産量はなんと年間220万反にも及んでいます。

久留米絣を着物に!

太平洋戦争時には、木綿自体が統制を受けたり戦災で多くの資料が失われたりと、
受難の時期がありました。

戦後、久留米絣を再び盛り上げていった職人の方々もかなりのご高齢となっています。
素晴らしいデザインや色遣いをしたものがあっても、それも後は消費されていくだけ・・・。
技術を駆使できる「人」がいなくなっているという話も耳にします。

しかしながら若い後継者が、それこそITをも駆使しして現状に立ち向かっている工場も、
あります。
「久留米」を取り巻く環境もまた、変革のときが来ているのです。

着物の生地というよりも洋服地や小物の材料布として生産されている今の久留米絣。
久留米絣ファンの集いやファッションショーでも、着物姿を目にすることは滅多になく
なってしまいました。
それは取りも直さず、普段着着物としての久留米絣が絶滅に近づいていることに他
なりません。

文化財として「保存」をしていくことは一つの道ですが、「活用」なき文化財に光が
当たり続けた試しはありません。


「着物」、それも普段着のオシャレとして、久留米絣に今一度光を当てられなければ、
この高性能普段着着物生地は日の目を見ることがなくなってしまうかもしれません。

木綿の着物 久留米絣01 久留米絣02 久留米絣03 久留米絣04
久留米絣一覧 久留米絣05 久留米絣06 久留米絣07 手織り久留米絣
夏久留米01 夏久留米02 夏久留米03
久留米絣 無地等01 久留米絣 無地等02 久留米絣 無地等03 久留米絣 無地等04

木綿着物!染織こだまS
染織こだまS諸情報とサイト内検索
Google
WWW を検索 someorikodamas.com を検索
サイト中の画像・素材・文章につきましては、無断での転載等一切禁止いたしております。
Copyright (C) 2002-2017Kodama Corp. All Rights Reserved
なお、ご使用のパソコン及びモニターの環境によりまして、商品の色・質感が若干違って見えることがあります。ご容赦下さいませ。

2002年9月14日OPEN
〒880-0805
宮崎県宮崎市橘通東4-3-8
染織こだま (水曜定休)