お知らせ

木綿の着物を洗濯するにはどうしたらよいのでしょうか? クリーニングに出した方が良いのでしょうか?

2019年8月14日

当店では木綿はお仕立て前に十分縮めていますが、型崩れや布の痛みの原因にもなりますので、決して洗濯機でガラガラ洗わないでください。

木綿の着物は手洗いでも、洗濯機の手洗いコース(ネットに入れて)でも洗えます。
手洗いの場合は、きものを軽く袖だたみにして、タライで押し洗いか、洗面台が大きければその中で押し洗いしてください。

洗剤は、今の洗剤(アタックなど)ですと蛍光剤や漂白剤が入っていますので、中性洗剤(アクロンやモノゲンなどのようなもの)を使用してください。
できれば、水に浸されている時間は短い方が良いので、洗剤は通常よりも少し薄めにして、すすぎを手早く済ませてください。

仕上げにお好みで、柔軟仕上剤や糊をして、お好みの肌触りに仕上げて下さい。
脱水は、水がたれない様にする程度であまりいたしません。
その際もバスタオルにくるんでした方が着物が傷みません。

脱水ができましたら、袖たたみにして、パンパンと着物をたたいてシワを伸ばしてください。

これを陰干しにして、半乾きの時にアイロンをかけます。
表からだと生地が「てかる」場合がありますのでその時は大方を裏からかけて、表からは当て布をしてアイロンをかけてください。

アイロンの際の注意点がもうひとつ、着物のきせ(縫い代のところ)をアイロンでしっかり押さえますと着物らしい風合いがなくなりますので注意してください。

面倒でなかったら家庭でお洗濯されたら良いと思いますし、面倒でしたらクリ-ニングに出されたら良いと思います。
汗を落としたいのでしたら、水をくぐらせないと取れません。
その際は家庭での手洗いをお勧めいたします。

preloader