長着と半着:解説!染織こだまS

最終更新日
17年02月20日
染織こだまSのメニュー一覧
> 買い物カゴを見る <
> お買い物について <
>   サイトマップ   <
長着/半着
木綿の着物
麻・綿麻の着物
ウールの着物
お仕立て
-
羽織/コート
木綿の羽織
ウールの羽織
モスリンの羽織
上っ張り
道中着
お仕立て
-
木綿・綿麻の帯
麻の帯
絹の帯
合繊の帯
兵児帯
角帯
お仕立て
-
襦袢
モスリン
モスリン襦袢
ポリエステル襦袢
絹襦袢
木綿襦袢
天然素材夏襦袢
高機能ポリ夏襦袢
お仕立て
-
お仕立て
-
足袋
小紋足袋
コールテン足袋
麻足袋
別珍足袋
黒足袋
白足袋
お仕立て
-
下駄/草履
おあつらえ草履
草履
爪皮
 
和装小物
半衿・繻子衿
着付け用品
着物の下着
帯揚
帯締
羽織紐
帯留・台
前掛け
割烹着
風呂敷
袋物
 
収納・メンテナンス
衣装包み
きものブラシ
天然クスノキ樟脳
洗濯ネット
 
その他
綿・真綿
新モス
おすそわけ
宮崎県産品
 
お仕立て
サイズ表
はかり方
木綿の水通し
ちくちくパック☆
 
Special
染織こだまS
染織こだまK
染織こだまM
 
染織こだま児玉健作がしゃべります
Yahoo!
Google
msn
  
RSS配信
http://someorikodamas.com/i
携帯サイト
染織こだまモバイル
 
> 買い物カゴを見る <
> お買い物について <
>   サイトマップ   <
染織こだまS > 長着/半着
HOME 掲示板 メールマガジン FAQ 会社概要/アクセス
特商法表記 新着情報 あいすべ・き・も・の リンク お問い合わせ
長着・半着 羽織とコート

長着と半着の解説

着物を好きになって、いろんなことを調べると用語の壁にぶつかったりもします。
また、着物の言葉を少しずつ知っていくのも好奇心を刺激する楽しみでもあります。
ここでは、比較的頻繁に登場する「長着」と、あまり耳慣れない「半着」について
の解説をしてみたいと思います。

長着と半着

長着(ながぎ)

丈の長い着物のことです。

現在一般的に「着物」と言われて思い浮かぶイメージがこれでしょう。
地域によっては「長着物」という表現もします。

古くは庶民の普段着に丈の短いものが多かったため、ハレの日の
着物を「長着物」・「長着」と呼ぶこともあったようです。

男性が羽織等をはおらない長着1枚の着姿を「着流し」といいます。
また、ところによっては袴を着用しない姿を「着流し」とも。

半着(はんぎ)

半着とは


丈の短い着物
のことです。

丈の長い着物を長着ということに対し、半着と称します。
短着(たんぎ・みじか)という言葉もあり、これは長着と
対照の表現です。

半着には大きなメリットがあります。それは活動的であるということ。
袴と組み合わせることで、無類の動きやすさが得られます。
また、袖の形状も筒袖・船底袖など多数あり、これも活動的である
ということの裏づけになっています。
半着イメージ

半着活用術

半着は実に応用範囲の広いもので、工夫次第で普段着の着物
シーンを格段に広げることが出来ます。
 

袴+半着

裾が長くない半着の利点で、袴の中がダブつかない。

長着+半着

そのまま羽織って羽織の代わりに。

長着+半着

前をあわせて紐で留め、上っ張り代わりに。

作務衣+半着

作務衣に似合う上着、もう1枚が欲しい時に。

生地の量が少ない分携行にも便利です。旅行のときに1枚
入れておくと着替えに助かります。
武道をされている方の普段着用にも良いですね。
試合が終わった後、サッと上だけを半着に替えて移動という
のも格好のよろしいものです。 
 

半着に向く生地は?

木綿を第一にオススメしていますが、中でもちょっと荒く使いたい
ですとか本当の日常着として擦り切れて消滅するまで着倒したい
といわれる方には、「浜松木綿の縞」です。肌寒い季節には
「出羽木綿 無地」などもオススメです。

長着・半着 羽織とコート

木綿着物!染織こだまS
染織こだまS諸情報とサイト内検索
Google
WWW を検索 someorikodamas.com を検索
サイト中の画像・素材・文章につきましては、無断での転載等一切禁止いたしております。
Copyright (C) 2002-2017Kodama Corp. All Rights Reserved
なお、ご使用のパソコン及びモニターの環境によりまして、商品の色・質感が若干違って見えることがあります。ご容赦下さいませ。

2002年9月14日OPEN
〒880-0805
宮崎県宮崎市橘通東4-3-8
染織こだま (水曜定休)