羽織と道中着・上っ張りの通販:木綿着物!染織こだまS

最終更新日
17年03月26日
染織こだまSのメニュー一覧
> 買い物カゴを見る <
> お買い物について <
>   サイトマップ   <
長着/半着
木綿の着物
麻・綿麻の着物
ウールの着物
お仕立て
-
羽織/コート
木綿の羽織
ウールの羽織
モスリンの羽織
上っ張り
道中着
お仕立て
-
木綿・綿麻の帯
麻の帯
絹の帯
合繊の帯
兵児帯
角帯
お仕立て
-
襦袢
モスリン
モスリン襦袢
ポリエステル襦袢
絹襦袢
木綿襦袢
天然素材夏襦袢
高機能ポリ夏襦袢
お仕立て
-
お仕立て
-
足袋
小紋足袋
コールテン足袋
麻足袋
別珍足袋
黒足袋
白足袋
お仕立て
-
下駄/草履
おあつらえ草履
草履
爪皮
 
和装小物
半衿・繻子衿
着付け用品
着物の下着
帯揚
帯締
羽織紐
帯留・台
前掛け
割烹着
風呂敷
袋物
 
収納・メンテナンス
衣装包み
きものブラシ
天然クスノキ樟脳
洗濯ネット
 
その他
綿・真綿
新モス
おすそわけ
宮崎県産品
 
お仕立て
サイズ表
はかり方
木綿の水通し
ちくちくパック☆
 
Special
染織こだまS
染織こだまK
染織こだまM
 
染織こだま児玉健作がしゃべります
Yahoo!
Google
msn
  
RSS配信
http://someorikodamas.com/i
携帯サイト
染織こだまモバイル
 
> 買い物カゴを見る <
> お買い物について <
>   サイトマップ   <
染織こだまS > 羽織/コート
HOME 掲示板 メールマガジン FAQ 会社概要/アクセス
特商法表記 新着情報 あいすべ・き・も・の リンク お問い合わせ
長着・半着 羽織とコート

羽織とコートの解説

着物を好きになって、いろんなことを調べると用語の壁にぶつかったりもします。
また、着物の言葉を少しずつ知っていくのも好奇心を刺激する楽しみでもあります。
ここでは、着物の楽しみを増大する「羽織」と、本当は重要な「コート」について
の解説をしてみたいと思います。

羽織とコート

羽織(はおり)

着物の上に羽織るものです。袖なし羽織など形状でカジュアルにした
ものや、木綿・モスリンなど素材でカジュアルにしたものがあります。

江戸後期に
一時期羽織を羽織るという女性の文化は衰退しましたが、近年は
重要なファッションアイテムとして人気が出てきています。丈の長さ
によって名称が変わりますが、最近の流行としては長羽織があります。

※女性の羽織は正装でないとされ、ハレの着物ばかりを売ってきた
時代には必要とされなかったのではないでしょうか。

 モスリンの羽織 木綿の羽織 ウールの羽織 羽織紐(はおりひも)

コート

着物(長着)の上に羽織るものとしては一番外側にくるものでしょう。
有名なところで、トンビコート(インバネス・二重廻し)や雨コート、また
道中着(どうちゅうぎ)や道行(みちゆき)コートなど種類が豊富です。

素材もウールやビロード、絹、化繊等々バリエーション豊かです。
地域によっては羽織・コートをあまり着用しないようですが、お洒落の
幅を広げるため、また冬の防寒対策などに持っておきたいものです。
もちろん、木綿のコートもあり、冬場は体の周りに暖かい空気の層を
作ってくれるために、大変重宝します。

また被布(ひふ)といえば、現在は七五三の少女が羽織るものですが、
かつては茶人や風流人の間で生まれたものでした。

上っ張り
(うわっぱり)

和服洋服を問わず、着ているものの上から簡単に羽織れて、
衣服への汚れ防止、ちょっとした寒さよけに便利です。

近所への買い物や散歩などの時、仰々しくなり過ぎないように
着物をカジュアルダウンさせる時には大変使い勝手がよく、
実際にお買い物や愛犬のお散歩のときなどに活用されます。

もちろん家事のときにも活躍、袖の形状を変えられるので
水仕事などにも向いています。
※袖の形状→船底袖・筒袖などがあります。

また裾までの長さを変えることで、お好みに応じたスタイルを
生み出すことが可能です。

マント

和洋兼用のマントも見直されています。

よく時代劇などで見かける合羽(道中合羽・廻し合羽など)がありますが、

これもマントの一つでしょう。

合羽(かっぱ)の名の由来は種々ありますが、ポルトガル語のcapa、
英語で言うところのcapeがその語源のようです。

戦国時代末期の大名、江戸の商人、そして町人へと広く流行りました。
現在はマントといえばウール生地のものが多いようです。

長着・半着 羽織とコート

木綿着物!染織こだまS
染織こだまS諸情報とサイト内検索
Google
WWW を検索 someorikodamas.com を検索
サイト中の画像・素材・文章につきましては、無断での転載等一切禁止いたしております。
Copyright (C) 2002-2017Kodama Corp. All Rights Reserved
なお、ご使用のパソコン及びモニターの環境によりまして、商品の色・質感が若干違って見えることがあります。ご容赦下さいませ。

2002年9月14日OPEN
〒880-0805
宮崎県宮崎市橘通東4-3-8
染織こだま (水曜定休)