最終更新日
17年10月17日
染織こだまSのメニュー一覧
> 買い物カゴを見る <
> お買い物について <
>   サイトマップ   <
長着/半着
木綿の着物
麻・綿麻の着物
ウールの着物
お仕立て
-
羽織/コート
木綿の羽織
ウールの羽織
モスリンの羽織
上っ張り
道中着
お仕立て
-
木綿・綿麻の帯
麻の帯
絹の帯
合繊の帯
兵児帯
角帯
お仕立て
-
襦袢
モスリン
モスリン襦袢
ポリエステル襦袢
絹襦袢
木綿襦袢
天然素材夏襦袢
高機能ポリ夏襦袢
お仕立て
-
お仕立て
-
足袋
小紋足袋
コールテン足袋
麻足袋
別珍足袋
黒足袋
白足袋
お仕立て
-
下駄/草履
おあつらえ草履
草履
爪皮
 
和装小物
半衿・繻子衿
着付け用品
着物の下着
帯揚
帯締
羽織紐
帯留・台
前掛け
割烹着
風呂敷
袋物
 
収納・メンテナンス
衣装包み
きものブラシ
天然クスノキ樟脳
洗濯ネット
 
その他
綿・真綿
新モス
おすそわけ
宮崎県産品
 
お仕立て
サイズ表
はかり方
木綿の水通し
ちくちくパック☆
 
Special
染織こだまS
染織こだまK
染織こだまM
 
染織こだま児玉健作がしゃべります
Yahoo!
Google
msn
  
RSS配信
http://someorikodamas.com/i
携帯サイト
染織こだまモバイル
 
> 買い物カゴを見る <
> お買い物について <
>   サイトマップ   <
染織こだまSよくいただく質問・知って得するQ&A > お手入れ
HOME 掲示板 メールマガジン FAQ 会社概要/アクセス
特商法表記 新着情報 あいすべ・き・も・の リンク お問い合わせ
着物や帯のお手入れについて
2009年02月更新
Q1. シビラの帯の使用後の手入れ、洗濯はどうすればいいですか?
手洗いでいいのでしょうか?
A1. シビラの風呂敷は木綿なので洗えますが、帯芯との縮み具合が違うので
洗うことができません。
もし汚れましたら、固く絞ったタオルで汚れをたたき出していただけたらいいです。
しわがよった場合は当て布をしてアイロンをおかけいただいたらよいです。

Q2. 木綿の着物を洗濯するにはどうしたらよいのでしょうか?
クリーニングに出した方が良いのでしょうか?
A2. 当店では木綿はお仕立て前に十分縮めていますが、
型崩れや布の痛みの原因にもなりますので、決して
洗濯機でガラガラ洗わないでください。

木綿の着物は手洗いでも、洗濯機の手洗いコース(ネットに入れて)でも洗えます。
手洗いの場合は、きものを軽く袖だたみにして、タライで押し洗いか、
洗面台が大きければその中で押し洗いしてください。

洗剤は、今の洗剤(アタックなど)ですと蛍光剤や漂白剤が入っていますので、
中性洗剤(アクロンやモノゲンなどのようなもの)を使用してください。
できれば、水に浸されている時間は短い方が良いので、
洗剤は通常よりも少し薄めにして、すすぎを手早く済ませてください。

仕上げにお好みで、柔軟仕上剤や糊をして、お好みの肌触りに仕上げて下さい。
脱水は、水がたれない様にする程度であまりいたしません。
その際もバスタオルにくるんでした方が着物が傷みません。

脱水ができましたら、袖たたみにして、パンパンと着物をたたいて
シワを伸ばしてください。

これを陰干しにして、半乾きの時にアイロンをかけます。
表からだと生地が「てかる」場合がありますのでその時は大方を
裏からかけて、表からは当て布をしてアイロンをかけてください。

アイロンの際の注意点がもうひとつ、
着物のきせ(縫い代のところ)をアイロンでしっかり押さえますと
着物らしい風合いがなくなりますので注意してください。

面倒でなかったら家庭でお洗濯されたら良いと思いますし、
面倒でしたらクリ−ニングに出されたら良いと思います。
汗を落としたいのでしたら、水をくぐらせないと取れません。
その際は家庭での手洗いをお勧めいたします。

Q3. モスリンの襦袢は自分で洗濯できるのでしょうか。
A3. モスリンはウール100%の素材ですので、30度以下の水温でウール用洗剤を
お使いいただき、手洗いもしくは洗濯機の手洗いコースで洗ってください。
※縮みますので、洗うことが前提でしたら長めにお仕立てをされてください。
またウール特有の小さなしわはできますが、お気にされなければそのまま
お召しいただいても問題はありません。
気になる時は当て布をし、温度を「ウール」にあわせてアイロンをかけてください。

Q4.
A4.

Q5.
A5.

Q6.
A6.

よくいただく質問トップ
染織こだまS諸情報とサイト内検索
Google
WWW を検索 someorikodamas.com を検索
サイト中の画像・素材・文章につきましては、無断での転載等一切禁止いたしております。
Copyright (C) 2002-2017Kodama Corp. All Rights Reserved
なお、ご使用のパソコン及びモニターの環境によりまして、商品の色・質感が若干違って見えることがあります。ご容赦下さいませ。

2002年9月14日OPEN
〒880-0805
宮崎県宮崎市橘通東4-3-8
染織こだま (水曜定休)